altタグ(代替テキスト)について

ここでは、alt タグ(代替テキスト)について説明します。

検索エンジンは基本的に文章しか読めませんので、画像や動画は見る人に対してはアピールができても、検索エンジン lこはまったく評価されないといっていいでしょう。
しかし、代替テキストは、検索エンジンに画像の意昧を伝える場合や、閲覧者が音声変換ソフトで画像が何を表しているのか知ろうとする場合に役立ちます。通常altタグあるいはalt属性ともいい、基本的には画像に書かれている文章や内容を書くことになります。

altタグ内でのキーワードの扱い方も、本文と同じように考える必要があります。
つまりあまりたくさん入れ過ぎないようにすることを第一に考え、適度に分散させて入れるようにします。もし画像にキーワードが非常にたくさん書かれている場合、それだけではスパムにはなりませんが、その場合にaltタグに忠実に入れてはいけません。 altタグでは しっかりと調整 して入れます。

また、 altタグの文章があまり長すぎてもいけません。マウスを重ねたときにページの多くが隠れてしまうほどの文章だと、見る人には同じ内容が2か所で出てきてしまうこともあり、くどくてわかりにくいものになります。いくら画像にたくさんのことが書かれていても、 altタグにはある程度要点をしぼって記述するようにします。
ただし、検索エンジンが最も評価するのはaltタグではなく本文なので、画像に多くの文章を載せるより、なるべく正規の文章として載せるように しましょう。