ユーザビリティの高め方

サイトのコンテンツを評価してもらうには、ユーザビリティの高いページを作成し、気軽にアクセスしてもらうことが第一条件です。例えば音声ブラウザの利用者のために、画像のタグの中身を充実させるのも有効でしょう。またクリックできるボタンを大きくするだけでも使いやすいと思ってもらえるはずです。リンクは単語だけでなく、その単語の前後の文句にも付けましょう。そうすればクリックし易くなります。他にも文字幅や画像と画像の間隔を整えたり、ユニバーサルフォントを使用したりすると喜ばれるでしょう。さて、ユーザービリティの改善と並行して行いたいSEOが、滞在時間を伸ばすための施策、再アクセスを誘引する対策です。最初に自社のサイトを解析し、各ページの滞在時間、直帰率、再アクセス等を調べましょう。満足できる結果になっていないページは改善する必要があります。具体的には、1ページ内のコンテンツの分量を多くすることが挙げられます。テキストや画像の量が多ければ、それだけ読むのに時間がかかり、結果的に滞在時間が延びます。また、動画を掲載するのも有効です。動画を見終わるまではそのページに留まり続けるからです。他に、わくわくするようなデザインを施したり、各種ツールを提供したりすることも大切です。jQueryを使って簡単に変更できますから挑戦して下さい。以上は滞在時間を延ばすための施策ですが、再アクセスを狙った施策もここで挙げておきましょう。定番なのは、サムネイルの付いた更新情報です。一目で更新されたことが分かるため、コアなユーザーなら必ず再アクセスしてきます。定期的にイベントやセールを実施するのも有効でしょう。ユーザーはそれらを見逃さないために何度もアクセスしてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です