内部要素の分類とタイトル

内部要素はトップページ+それ以外のサブページに分けられており、さらにサブページはタイトル・METAタグ・<h>タグ・Altタグ(代替テキスト)・本文に分類されています。

ここでいうタ イトル とは、ページ最上部に大きく書かれたりするタ イトルなどではなく、開かれたウインドウ 自体の最上部に書かれている文字のことです。前者が訪問者に視覚と感情に訴えるものであるのに対して、後者はどちらかというと何についてのサイトであるかを検索エンジンに示すものといえます。両者は同じ場合もありますが、目的が違うので、違うテキスト(文字列)であるべきだといえるで しょう。
また、ここでいうタイトルのもう 1つの役割として、検索結果と して表示された場合のタイトルとして出てくる部分だということがあります。そういう意味においては人に対してアピールする役目も持っています。

キーワードはなるべく最初(左側)に持ってくるようにします。これは文章の中で重要な言葉ほど最初に来るという考え方によるものです。さらにキーワ ー ドを強調するためには、タイトルがあまり長いと効果がありません。理想的なのはキーワードの文字列が全体の文字数の50%以上を占めることですが、それに無理にこだわる必要はありません。
キーワードは 1語ならば原則2回まで、複合語ならば1回だけの記述にしましょう。
それ以上入れると過剰なSEOと評価される恐れがあります。