hタグについて

<h>タグとは、本文内で見出しとなる部分です。

重要度の高い順に<h1>~<h6>まであり、通常は上から順番に文字の大きさが 小さくなっていきます。この中にもキーワードを入れる必要がありますが、これもすべてに入れるようなしつこいことを行ってはいけません。目安としては<hl>に入れたら<h2>に入れない、<h1>に入れなかったら<h2>に入れる、というように行えば間違いはありません。

そもそも<h>タグは本文の中の文章の 1つなので、それだけが単独で評価されるわけではありません。すなわち<h>タグの周りにキーワードが少なければ多めに入れてもいいし、逆に周りに多ければ<h>タグには少なめに入れておくのがいいでしょう。

1つのモデルケースとしては、前提として<h1>~<h6>の下のすべての文章が自然なキーワードの 出現頻度と分散度である(2文章に1回ぐらい入っている)場合、<h1>,<h2>ともにキーワードを1回入れ、<h3>,<h4>ともに入れない。<h5>に入れて、<h6>に入れない、というような形式をお勧めします。しかし、この通りにするべきというのではなく、感覚としてつかむようにしてください。